youtube埋め込みタグは「共有設定」→「埋め込む」で開始位置を設定出来ますが、停止位置は設定出来ません。 自動再生も設定出来ません。再生停止位置と自動再生を追加するツールを作ってみたので作り方の解説をします。

YouTubeの動画をWebサイトやブログに埋め込むとき、取得した埋め込みコード内に「パラメータ」を追加することで、動画に対するさまざまな設定が行えます。手動での埋め込みコードのカスタマイズについて見ていきましょう。 ↑の動画のようにiframeで埋め込んだYouTube動画を自動再生させる方法を説明します。 ※スマホは非対応 ※ブラウザの設定によっては自動再生がブロックされる可能性があります。 1.まず普通に埋め込みタグを取得します。 1.1 直接埋め込みコードを編集し、画像サイズを整える; 2 埋め込みコードのカスタマイズテクニック. アップロードした動画はツイッターの動画自動再生をONにしている人であれば、 表示しただけで自動で再生される 状態になります。 と、ここまで説明してきましたが、実際のところ YouTubeでは他人のコンテンツをダウンロードすることは基本的に禁止 されています。 【目次】 1 ホームページへYouTube動画を掲載する方法. YouTubeの埋め込みコードの基本. YouTubeで動画をアップロードして宣伝したり、お気に入りの動画を紹介したい時にブログやサイトに動画を貼り付けたりするよね!この埋め込みにはhtmlタグ(埋め込みコード)が使われている。色んな埋め込み方を設定できて便利なんだよ。 YouTubeの埋め込みコードは「共有 > 埋め込む」をクリックすると以下のような画面で表示がされます。 1.1 直接埋め込みコードを編集し、画像サイズを整える; 2 埋め込みコードのカスタマイズテクニック. 字幕の自動表示の方法がわかる; YouTubeロゴを非表示にする方法がわかる; 関連動画を非表示にする; 全画面表示を無効にする etc. YouTubeの埋め込みプレーヤーにはいくつかの機能を追加できますが、 特に『動画の自動再生』は、事業者のホームページやブログで重宝します。 以下、YouTube埋め込みプレーヤーに「自動再生」を追加する方法です。 (2013年11月記述、2018年12月改定) 単純な埋め込みコードの取得は以下の方法です。 埋め込みたいYouTube動画の下にある 「共有」をクリックします。. &loop=1 は、繰り返し再生を有効にするタグ &autoplay=1 は、自動再生を有効にするタグです。 もちろん、どちらか片方のタグだけでも使えます。 これで、ブログを開くと同時に、延々と再生される動画が … 表示された画面の「埋め込む」をクリックします。 アップロードした動画はツイッターの動画自動再生をONにしている人であれば、 表示しただけで自動で再生される 状態になります。 と、ここまで説明してきましたが、実際のところ YouTubeでは他人のコンテンツをダウンロードすることは基本的に禁止 されています。 YouTube動画をWordPressや その他のサイト・ブログなどに表示させる場合は、 埋め込みコードを入力する必要があります。. 【YouTube】再生リストの埋め込みコードを取得し、サイトやブログへ埋め込む方法|YouTubeでは、複数の動画をまとめた再生リストというコンテンツがありますが、今回は、その再生リストの埋め込みコードを取得し、Webサイトやブログ内に埋め込む方法となります。 【目次】 1 ホームページへYouTube動画を掲載する方法. ↑の動画のようにiframeで埋め込んだYouTube動画を自動再生させる方法を説明します。 ※スマホは非対応 ※ブラウザの設定によっては自動再生がブロックされる可能性があります。 1.まず普通に埋め込みタグを取得します。