Windows 10のタスクバーを使いやすくするカスタマイズ方法を紹介する。タスクバーをカスタマイズすることで、Windows 10の使い勝手を向上させよう。

Windows10のタスクバーは、表示・非表示が切り替えられるだけでなく、アイコンや検索ボックス・アドレスバーの非表示、位置の変更などのカスタマイズが可能です。タスクバーを何倍も便利にする16のカスタマイズについて、設定方法を解説します。 Windows環境を色々といじってみるのですが、Aero使用時にタイトルバー部分の色をアクティブ・非アクティブで変更する手段は用意されていないようです。 またタスクバー部分を見ても、アクティブ・非アクティブの見分けは非常にわかり辛いです。 2015年夏に公開された Windows10 では、アプリのタイトルバーの色で、アクティブ非アクティブを判読できません。このため、複数のアプリを起動させて使うときには、とても分かりにくい状態になりま … Windows 10 デフォルト設定はアクティブウインドウのタイトルバーの色付けが OFF なので、Active Window がどれなのかパッと見わかり辛いですね。 そんな時は、タイトルバーの色付けを有効にします。 Windows 10でも、タイトルバーに色を付けて同じような使い勝手にしてみよう。 この方法で、スタートメニューやタスクバーにも同じ色をつけられる。 文字 レジストリ バー タスクバー タイトルバー タイトル ウィンドウ アクティブ アクセントカラー わかり にくい windows8 windows10 win10 software microsoft hkey_current_user accentcolorinactive c++ windows winapi accessibility win-universal-app