Powershellで日時-日時で差分をだしたかったので、感覚的にプログラミングしてみたら、日時フォーマット違う通しでも簡単に差分がだせた。すごいなpowershell。 ・プログラム

任意の日付時刻で計算する. 欠かせないのが日付。 20181220_hoge.log のようなファイルを作ることが時々出てくることあります。 自動実行することも考えると 日付はyyyymmddの形で変数に入れておきたいんですよね。 Windowsバッチ; PowerShell; bash 現在の日付時刻ではなく、自由に決めたい場合は、Get-Dateの引数に日付や時刻を指定します。 では日付の指定をしてみます。 PS C:\Users\takk> get-date "2010/1/1" 2010年1月1日 0:00:00 PS C:\Users\takk> 次は日付と時刻。 今回は、【PowerShellでシステムの日時を設定する方法】についてご紹介します。Set-Dateコマンドレットではマシンのシステム日時を設定・変更することができます。システムに変更を加えるため管理者モードで実施しましょう。 型変換を行う方法について、サンプルコードを用いて説明します。 型を文字列に自動変換. 時刻の種類・UTCとの時差・タイムゾーン間の変換; ここでは.NET Frameworkにおける日付と時刻に関連するデータ型であるDateTime構造体・DateTimeOffset構造体・TimeSpan構造体と、それらの型を使った日付と時刻の操作について見ていきます。 PowershellでFri, 18 Oct 2019 00:25:21 GMTのような文字列をDATETIME型に変換する方法を調べてみました。 httpレスポンスヘッダの日付文字列をDateTime型に変換 コマンド PS>[DateTime](Invoke-WebRequest ).headers.date 結果 2019年10月18日 9:10:53 キャスト一発で変換してくれました DateTime の ParseExact を使用することで yyyymmdd 形式などの文字列を DateTime 型のオブジェクトに変換することができます。 ParseExact は第二引数で文字列の書式を指定可能です。 サンプルコードは次の通りです。 [Powershell]文字列を日付に変換する 日付として認識できる文字列は、DateTime型にキャストすればOKです。 [DateTime]"2015/01/01" 一つは、「[DateTime]にしなさい」と指定する方法です。 この場合は、PowerShellが[DateTime]型に変換するために理解できる書式である必要があります。 します。(右辺の最初の型が文字列のため) 結果も文字列の連結となります。

文字列を日付型にキャストする. 今回は、【PowerShellで時刻の取得し表示形式を変更する方法】についてご紹介します。Get-Dateでは時間や日付を取得することができます。出力フォーマットの変更についても押さえておきましょう。

文字列から日付型へのキャスト(型変換)をみてみます。 暗黙の型変換. PowerShell では、 2 つの DateTime を引き算することで、差の日数を計算することができます。 DateTime 同士を減算すると返される TimeSpan オブジェクトの Days プロパティに差の日数が格納されています。 2 個の日付の差を計算する; 本日までの経過日数を計算する PowerShellで日付を取得・操作する 今回はこれまでと少し路線を変更し、「 日付の取得・操作 」について書いていきます。 PowerShellで日付の取得といえば、Get-Dateコマンドレット (エイリアスは … 欠かせないのが日付。 20181220_hoge.log のようなファイルを作ることが時々出てくることあります。 自動実行することも考えると 日付はyyyymmddの形で変数に入れておきたいんですよね。 Windowsバッチ; PowerShell; bash