iMac 21.5インチ 4K (解像度:4,096 x 2,304) 2,048 x 1,152(標準) 2,304 x 1,296; 2,560 x 1,440; iMac 27インチ 5K (解像度:5,120 x 2,880) 1,600 x 900; 2,048 x 1,152; 2,560 x 1,440(標準) 2,880 x 1,620; 3,200 x 1,800; QuickResを使えば、自由度の高い解像度設定が可能 . 4K 外部ディスプレイなどお持ちの場合、正しい接続を行わないと、機能を発揮しきれません!. iMac (21.5-inch, 2017) および iMac (21.5-inch, Late 2015) は除きます。標準解像度は 4096 x 2304 です。2015 年に発売された Retina モデルは数百万色に対応し、2017 年以降に発売されたモデルは 10 億色に対応しています。 iMac Pro:全モデル。標準解像度は 5120 x 2880 です。 Appleは5K解像度(5120×2880)の27インチRetinaディスプレイを採用したiMacを販売してきましたが、新たに4K解像度(4096×2304)の21.5インチRetinaディスプレイを搭載したモデルが追加されることが明らかになりました。 RetinaディスプレイモデルのMacを初めて使った時、「文字、小さっ!」と思いました。もちろん可読性が高いため、文字はきっちり読めますが、1920×1080でWindowsを使用してた身としては、やはり文字が小さく感じます。今回は、全体的に文字を大きくするにはどうすればいいか? 4K解像度の写真をiMacとLGディスプレイでそれぞれ並べてみても、特にLG側が低解像度って印象は受けません。 認識できないのであれば、それはもう考えなくてもいいってことでしょうね! したがって、結論! iMac 2011 mid 27inchで4Kディスプレイは使用できます! iMac 4Kモデルで4K動画を快適に編集できるのは、高解像度な大画面ディスプレイを搭載するのに加え、ストレージ容量に余裕があることも大きい。4K動画を存分に楽しみたい人は、オプションで大容量かつ高速な2TBのFusion Driveを選んだほうがいいだろう。 Pro Display XDRは「iMac 5K/4K」の2019年モデルとは互換性があるものの、iMac Proは対応Macの一覧に含まれていなかった。確認したところ、iMac ProからPro Display XDRは出力できるものの、6K解像度での出力はできず、5K解像度に制限されてしまうそうだ。

すでに5K(5120×2880)モデルのある27インチiMacを4K化する意義が乏しいことから、この4K解像度は新型21.5インチiMacに搭載されるのではないかと考えられます。現行の21.5インチiMacの解像度がフルHD(1920×1080)であることから、仮に4K21.5インチiMacが登場すれば約4.5倍の解像度を手に入れること … 前置きが随分と長くなってしまいましたが、この記事の本題は「QuickRes 擬似解像度2560x1440はiMac 5Kのデフォルトの擬似解像度であり、27インチモニターの場合は最も視認性が優れる解像度だ。 パフォーマンスの低下もそこまでなく27インチ4Kモニターであればこの擬似解像度がベストかもしれない。 パネルは上記しているように、4Kパネルを採用し、解像度は4096x2304ドット。ppiについては非公開だが、200ppi以上は確保していると思われる。 iMac 21.5インチの画面解像度は4,096 x 2,304ピクセルの4K表示が可能で初期設定では2,048 x 1,152ピクセルの擬似解像度となっています。 iMac 27インチの画面解像度は5,120 x 2,880ピクセルの5K表示が可能で初期設定では2,560 x 1,440ピクセルの擬似解像度となっています。

今回は5K iMacにLGの4Kディスプレイを接続し、4K解像度かつ60ヘルツで利用するための設定と方法を紹介していきたいと思います!. iMovie は、4K のプロジェクトを解像度 3840 x 2160 の 4K UHD フォーマット (30 fps) で共有します。 iPhone または iPad で 4K プロジェクトを共有する.