Googleマップには、位置情報サービスを活用してユーザーの行動(ローケーション履歴)を記録する「タイムライン」機能があります。 以前は Android版 でのみ使える機能でしたが、仕様変更に伴って iOS版アプリ でも利用できるようになりました。 Googleは、スマホなどの端末の位置情報をオフにしているのにかかわらず、ユーザーの現在地の位置情報を収集し続けていると報道されました。この記事では、Googleの追跡から逃れるために、ユーザーの現在地の位置情報を完全に無効にする方法を紹介します。 Googleロケーション履歴とはどういった機能なのか、またGoogleロケーション履歴の設定方法や利用方法をご紹介します。ロケーション履歴は便利な機能ですが、プライバシーの漏えいにもつながることもあるので、ロケーション履歴の削除方法を覚えておきましょう。 キーワード:google map, セキュリティ, マップ, ログ, ロケーション履歴, 位置情報, 削除, 地図, Googleに送信された自分が行った場所の履歴(ロケーション履歴)をタイムライン(というかGoogleアカウント)から削除する、記録しないように設定する方法です。