BitLockerがまだ再開または起動しない場合は、オペレーティングシステムを再インストールします。 BitLockerリカバリキーを紛失した BitLockerリカバリキーは、権限を持つ人のみがコンピュータをアンロックして暗号化されたデータを復元できることを保証するために必要なものです。 パソコンを再起動せずにドライブを再びロック状態にしたい場合は、コマンドライン(CUI)ツールを使います。ここでは、PowerShellを起動してBitLocker用コマンドレットを使ってみましょう。 Windows BitLockerドライブ暗号化キーが必要です。 キー記憶領域メディアを差し込んでください。 メディアを差し込んだら、Escキーを押して再起動してください。 ドライブラベル:~ C:~ キーファイル名:~ ※hpのProBookです。 上記の手順で、いったんTPMを使えない状態にして、PCを起動します。 TPMを再度Enabledにして起動.

暗号化途中にマシンを再起動しても処理に差し障りはないので恐れずに実施すればよいけれども、起動後にBitLockerの処理が一時停止状態になっていることが多いから確認をするのがよさそうである。 右下にある「再起動」(画像では省略)を選択すると、無事再起動されWindows 10が回復します。 2018年6月2日追記。再度 BitLocker ロックアウトが生じたこともあり、 手順を画像付で記載しました 。 BitLockerでロックしたPCの回復手順を実例画像で概説. PCを再起動したら、BIOS設定画面で再度TPMを設定します。 設定手順は上記のとおりで、「Disabled」になっているTPM Supportを「Enabeld」に変更します。 解決策実施後. Windows10の再起動が遅い、終わらないといった事態に出会うことがあります。Updateがインストールされていて再起動に時間がかかっている場合は問題ないですが、それ以外の時は対処が必要です。この記事では、再起動が遅い、終わらない場合の対処法を説明します。 リモート(遠隔地からの)起動や再起動ができない! BitLockerを使ってWindowsのシステムドライブを保護しており、かつ『追加の認証』を設定している場合、PCの起動時にパスワード入力や解除キーとなるUSBメモリを接続するよう、求められます。 BitLockerは、システムの起動設定に変更がないかを監視します。起動リストに新しいデバイスが追加されたり、外部ストレージ デバイスが接続されたことが検出されると、BitLockerはセキュリティ上の理由からキーを要求します。これは、通常起こることです。 BitLockerは、一部のLenovo PCのハードドライブとフラッシュドライブを暗号化します。 しかし、何人かのLenova Yogaユーザーはフォーラムの投稿でBitLockerがWindowsを起動するたびに回復キーを要求し続けると述べています。 したがって、ユーザーは起動するたびにキーを入力する必要があります。 HYPER-V および BitLocker を使用してデバイスのデバイス ガードと資格情報の保護されていない正しくが無効な場合に再起動エラーが有効になる問題を修正します。10 バージョン 1607 の Windows でこの問題が発生します。 右下にある「再起動」(画像では省略)を選択すると、無事再起動されWindows 10が回復します。 2018年6月2日追記。再度 BitLocker ロックアウトが生じたこともあり、 手順を画像付で記載しました 。 このシステムはTPMを持っていたため、システム・ドライブでもBitLockerを有効にできたし、再起動時にもユーザーがするべき操作は何もない。