ASUS ZenFone Max (M2) 32GB SIMフリーの詳細スペック・仕様・特長情報を一覧表示。性能や機能をしっかり比較できるから、こだわり派の方も納得の製品選びができます。 ZenFone Max Pro (M2)は、CPUにSnapdragon 660、メモリ4GB、ストレージ64GBを搭載しています。 また、ZenFoneというと今までZenUIを搭載していましたが、ZenFone Max Pro (M2)はピュアなAndroidを搭載することで、余分なメモリを使用せずサクサクな動作が可能となっています。 ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)は、大容量バッテリーを搭載するMaxシリーズのミドルレンジモデル。ZenFone Max (M2)のスペックアップ版になります。 2019年3月15日にメモリ4GBモデル、2019年12月20日に6GBモデルが発売。 低価格でコストパフォーマンスに優れたSIMフリースマートフォン「ZenFone Max Pro(M2)」、「ZenFone Max (M2)」両機種を徹底比較。 大容量バッテリーを搭載した本機を発売前に入手いたしましたので速攻レビューしました。 特にZenFone Max Pro(M2)は高解像度で感光性の高いSony IMX486センサーを内蔵しており、画素数(画像を構成する点の数)こそZenFone Max Pro(M1)に分があるものの、 全体的にMax Pro (M2)のカメラ性能が向上 しています。※フロントカメラに至っては解像度もMax Pro (M2)が上 ZenFone Max Pro M1 (ZB602KL)は防水・防塵に対応していません。 海外メーカー製ですし、この価格なので仕方がありません。 水濡れや水没に注意しましょう。 おサイフケータイ非対応 ZenFone Max Pro M1 (ZB602KL)はおサイフケータイ・Felicaにも非対応です。 ZenFone Max Pro (M1)の最安値や月々のお支払い目安、スペックを紹介! データ量や通信事業者を指定して、大手キャリア・MVNOの人気プランを比較・検討できます。最新ニュースや満足度・レビュー評価・クチコミも掲載しています。 ZenFone Max Pro(M2)は防水・防塵機能が付いておらず、水への耐性はありません。そのため、水に濡れた手で操作したり、お風呂場での使用は避けたほうが良いです。防水対策をするなら、市販の防水カバーや防水ケースを利用するのがおすすめです。