Excel VBA マクロでフォルダの隠しフォルダなどの属性を取得または変更する方法を紹介します。Attributes プロパティを使って、指定したフォルダの属性を取得または設定できます。サブフォルダの属性の変更もできます。 ブックが読み取り専用を推奨する設定で保存されている場合は True を指定します。 True if the workbook was saved as read-only recommended. 読み取り専用で開くかキャンセルします。 読み取り専用で開く場合は、 他の人がファイルの使用を終了したとき 通知を受け取るかを選択できます。 vbaで使用中のブックを開こうとすると 次のようなダイアログが表示されます。 上記のリンクにあるvbaをコピペで使用してみたのですが、 読み取り専用で開いている際にも閉じてしまうため、 もうひと工夫出来ないものかと思い質問させていただきます。 このマクロを読み取り専用時は無効にすることは出来ますか?

今回のVBAコードは読み取り専用でExcelのブックを開くマクロになります。 Sub sample() Workbooks. Open fileName:="C:\Book1.xls", ReadOnly:=True End Sub 実行結果 「Book1」ブックが読み取り専用で開きます。 解説 つまり、読み取り専用の隠しファイルの場合は = では判定できなくなります。 一方 And を使った場合は「読み取り専用属性」が含まれているかという判断となり、他の属性がついていようがついていまいが読み取り専用属性だけについて判断することができます。 vbaで[読み取り専用を推奨する]設定で保存するには SaveAsメソッドの引数ReadOnlyRecommendedをTrueに指定します。 次のコードはブックを新規作成して

読み取り専用でブックを開くサンプルコード. 値の取得のみ可能なブール型 (Boolean) の値です。 Workbook.ReadOnlyRecommended プロパティ (Excel) Workbook.ReadOnlyRecommended property (Excel) 05/29/2019; この記事の内容.