Add-Member コマンドレットは、Windows PowerShell オブジェクトのインスタンスに、ユーザーが定義したカスタム メンバーを追加します。 追加できるメンバーの型は、AliasProperty、CodeProperty、NoteProperty、ScriptProperty、PropertySet、CodeMethod、MemberSet、および ScriptMethod です。 PSObjectとは. 特殊フォルダの取得コード PowerShell: 特殊フォルダーの取得 New-Object コマンドレットと -Property パラメータ を使用してユーザー定義オブジェクトを作成。 環境. PowerShellでCSVファイルの入力は Import-Csv で簡単にできますが、CSV ファイルの出力はカスタムオブジェクトを作る必要があります。 カスタムオブジェクトを作ると聞くとハードル高そうですが、実は簡単に作れます。 オブジェクトをCSV形式ファイルに出力するコマンドレットです。 Windows PowerShell 2.0. しれっとこれまで出してたんですが、一応まとめておきます。 PSCustomObject は PowerShell 3.0 から追加された、 新たに PSObject を定義するための簡潔に利用できる型です。 詳しくはWeb でということで、表題のやり方の一例を。 PowerShell講座です。第4回目は配列についてです。PSCustomObjectでキャストした連想配列はカスタムオブジェクトを作成するときに便利です。 今度は逆に CSVデータをオブジェクトに変換します。 ConvertFrom-Csv を使います。

この例では、CSV文字列を直接記述して、カスタムオブジェクトに変換します。 「-Header」オプションでは、ヘッダ文字列を指定しています。指定した列名はプロパティ名となります。 Export-Csv. カスタムオブジェクトの使い方などの解説 powershell チートシート PowerShellのカスタムオブジェクト(PSCustomObject)の使い方 PowerShell再入門:11. コード. Add-Memberの詳細な解説 Add-Member を極める. PowerShell の最大の特徴としてオブジェクトをパイプできるという利点がありましたが、今回が正にそれです。 実行結果は下記の通りです。 CSVデータをオブジェクトに変換.