【ジャンク】Canon EFレンズ 35-80mm F4-5.6 分解・清掃手順【カビ・ホコリ】 - Duration: 12:54. レンズだけではなく、レンズカバーの細かい隙間もきれいに掃除できます。小さめのケースに入れて2〜3本常備しておくと、いざという時に役立ちますよ。 つまようじ. 綿棒では取りきれないさらに細かい部分の掃除に最適です。 後玉内側にカビ発生: 後玉ユニットを取り外します: レンズは3枚入っています。一番後ろ側のレンズは、筒に接着?されていて外れません。 分厚いレンズが一枚あり、表裏が同じ形状に見えるので、間違わないように注意します。(同じかも知れませんが) カビの発生しやすい場所にレンズを放置してしまうと、あなたの自宅であろうと知らぬ間にカビだらけになってしまうんです! カビの基礎知識 ・湿度80%以上はカビが元気いっぱい ・湿度30%以下でのみ生えるカビもある。 意を決して購入した一眼レフカメラや双眼鏡。手入れを怠ったり、久しぶりに使おうとしたらレンズにカビが生えていた!なんてことありませんか?でも、カビ取りってできるのか不安ですよね。そんな時に慌てず対処できるよう、さまざまなレンズのカビ取り方法についてまとめました。

コジコジのオタク文化 情報局 116,364 views 12:54 >レンズにカビが生えたら目視で分かるのでしょうか? >また、どのように点検するといいのでしょうか? 1.絞りレバーを開放にして、 2.レンズの先端を蛍光灯などの照明に向けて、 3.反対側からのぞき込むようにすれば有ると見えます。 書込番号:11707237 カメラの望遠レンズがカビだらけ。カメラ屋さんに出すより、ただでもらった物だし、カメラ屋さんに出すより自分で分解してみようと挑戦しました。ヒヤッとする事もあったけど、写した画像を見ると、分解してよかったと思いました。 中のレンズはWebでの情報を参考にして、胴体を捻ると中のレンズが現れました。 しかし、カニ目回しがないとレンズが外せません。 そこで、先の尖ったピンセットでカニ目回しの代用にしました。 無事、中のレンズが外せました。 カビだらけです。