この時点で、anaの新卒の場合の倍率は、14倍。jal の新卒の場合は、28倍。既卒の場合、100倍となります。エミレーツ航空の客室乗務員への応募は、年間20万名を超えると言われています。それでも、募集回数や1度に採用される人数が多いため、倍率は36倍に。 こんにちは! 本日は、 2021年入社を目指される 受験生へ向け、 ana と jal の ca 難易度と倍率の違いを予想していきたいと思います。. 2020.05.27. jal(日本航空)の新卒採用における倍率は約100倍と考えられる。地上職、自社養成パイロット、客室乗務職の3つで選考が分かれるが、いずれも就職難易度は高いのが現状。 日本航空(jal)の業務企画職(地上職事務系)の選考対策のポイントをまとめてお伝えします。esから、webテスト、グループディスカッション(gd)、面接それぞれのポイントを解説するので、選考前にぜひ一読ください。 01 jal group jalグループとは 02 business field jalグループの事業フィールドを知る 03 company / recruitment グループ企業と採用情報を知る 04 keyword キーワードで知るjalグループ 05 interview jalグ … また、つい最近の話題ですが、みなさん、アメリカのデルタ航空の現地ca採用の倍率って知ってます? 今年、デルタ航空が1000人の採用を募集した際、受験者が12万人超だったんです。 参考 米デルタ航空、客室乗務員千人募集 競争率120倍強 2020.04.09. 以前こちらの記事で、 2014 年卒の ana と jal の倍率のデータを公開しました。 →anaとjalのca 難易度と倍率の違い。【どっちが入るの難しい? jalは、2019年度入社の業務企画職(地上職 事務系、数理・it系(新設)、技術系)社員および運航乗務員訓練生(自社養成パイロット)、客室乗務職社員の新卒者の採用を決定しました。 2021年度入社jal新卒採用の採用活動中断について. 客室乗務職の適性検査受検期限を延長いたしました。