半導体ブームに沿って、シリコンウェハ洗浄液の売り上げは増加してきました。今1-3q累計(2017年4-12月期)で、「半導体液晶」の売上高は113億7,500万円(前年比27.1%増)となりました(表5)。 インテルは、半導体全体では 世界第2位 ですが、cpuに関しては覇者と呼ばれており、pc用cpuは、ダントツで 世界シェアトップ です。 売上高も6兆8283億円となっています。 cpuとは、「中央演算処理装置」とも呼ばれ、パソコンなどからの入力に対し、演算(計算)し結果を出します。 半導体の洗浄装置市場で、2015年から2018年にかけてメモリ市場が爆発的に成長するに伴い、韓国SEMESが飛躍的に成長した。 KISCOグループが開発した半導体製造プロセス用薬液“EcoPeeler” は、水系ポリマー除去剤の先駆的薬液です。 半導体製造で活躍する洗浄薬液モニタ いまや産業から私たちの生活まで、欠かすことのできない半導体デバイス。 この製造過程では、ほんのわずかなゴミでも見逃すことができません。 半導体・液晶部門では、半導体や液晶パネルの製造工程におけるエッチング用の薬液などを手掛けています。ステラケミファの高純度薬液は半導体を製造していく上で不可欠な薬品であり、国内外でトップシェアを誇っています。 半導体製造プロセス用薬液 (洗浄液) EcoPeeler. 半導体製造プロセスのウェーハ洗浄工程における洗浄対 象となる異物(パーティクル)は、微細化の代償として致命 欠陥サイズ(Critical dimension)が小さくなる。