車を売る際に見られる項目のひとつに走行距離があります。特に10万キロを超えた車は値段が付いて売れるのかどうか不安でしょう。結論、走行距離が10万キロを超えた車でも十分買取価格がついて売ることができます。今回はその理由と10万キロを超えた車をなるべく高く売る方法を紹介します。 10年落ち10万キロの車はお買い得な物が多い. 10年10万キロの走行距離でも、車の売却はどこでも可能です。 だからどこでもいいということではなく、最も高く買取してくれる業者に売却しましょう! 10万キロ超えの車の買取・下取り査定した体験談 格安中古車まとめ. 近年は車の耐久性が向上し、製造後10年以上、走行距離10万キロを超えた中古車も珍しくありません。 日本において、走行距離10万キロを境に中古車価格はグッと下がりますが、購入に躊躇される方も多いのではないでしょうか? しかし10年落ち10万キロ超えの車を購入する際は、それぞれのデメリットやポイントを見極める必要があるためこの記事で紹介させていただきます。 . 走行距離が10万キロ超えの中古車購入を考える際の注意点について解説しています。中古車を購入するときに、走行距離が10万キロを超えた車は故障が心配という声を良く聞きますが定期的にきちんとメンテナンスされた車であれば、10万キロ超えの車でも状態の良い車である可能性があります。 激安の中古車を求めて10年落ちや10万キロ超えの条件で探すのですから、ある程度の車に対する知識は必要となるでしょう。 多少のトラブルや修理を楽しむくらいの心構えの人でないと乗り続けることはできないかもしれないですね。 10年落ち・走行距離5万キロ以下という条件で中古車の購入を考えています。さすがに10年も経つとほとんど価値がなくなるとは思うので安いと思いますが、すぐに乗れなくなっても困るので走行距離は少な … 車の走行距離は一般的に1年で1万キロ程度が目安です。