クロス汚れの落とし方 . 壁紙汚れの効果的な落とし方:ヤニによる黄ばみの汚れや子供による手垢汚れなど、どうせ落ちないだろうと放置していませんか?汚れにより効果的だった方法の体験談です:これからの大掃除にも毎日の掃除にも活用できる壁紙汚れの落とし方です。 壁の汚れは、素材や汚れの種類によっては落とすことがとても大変です。また、壁が広い範囲で変色したり、なかなか落ちない汚れがついてしまった場合もきれいにするのに手間と労力がかかるでしょう。 クロスの耐用年数は、約8~10年です。 戸建ての階段や吹き抜けは、届かないところがホコリが溜まってしまいますので、少しでも目立ちにくいクロスを選ぶか、 防汚機能がある機能性壁紙 を検討しても良いでしょう。 手の届くところでも、階段は案外汚れます。 汚れが目立つクロスにしない. ビニール床の黒ずみ汚れを簡単に取る方法をご紹介しました。 私の家のビニール床も、ところどころ出てきた黒ずみがムラのように広がって、床全体がどことなく薄暗い印象だったのが、この方法でキレイになって、床の色が全体的に明るくなりましたよ。

きれいにみえて、実は汚れている。その汚れに気づかないのが壁紙の汚れです。部屋はおろか、壁紙が汚れているとしれば、掃除をしてきれいにしないと気持ち的にも心晴れないものでしょう。掃除をするついでに壁紙も掃除をして、きれいな部屋を保ちましょう。 過去にも壁紙の掃除の仕方を記事にしていますので、詳しくはそちらも参照にしてください。 クロスが汚れている原因は、手垢やタバコのヤニ、クレヨンやボールペンの線など油成分が主なもので汚れていることが多くあります。 タバコや油汚れ、水回りのカビ汚れなどで、壁のクロスは年々汚れていくものだ。後でやろうと思って汚れを放置すると、汚れが固着して落としづらくなってしまう。さらなるカビの発生原因などにもなるため、放置せずになるべく早く落とすことが大切だ。