質問4 平成24年3月から、犬鑑札と狂犬病予防注射済票が小型犬の首輪にも装着しやすいように、ひと回り小さく、軽量になりました。(旧デザインの鑑札をお持ちの方は、これまでどおり使用できます。 未登録の犬は登録も同時にできます。 横浜市の犬の鑑札・狂犬病予防注射済票の交付が受けられる動物病院一覧(pdf:215kb) (3)犬の登録等出張会場(狂犬病予防注射集合注射会場) 毎年4月に各区に会場を設置します。

鑑札を紛失、棄損(内容が読み取れないなど)した場合には、再交付をただちに受けなければなりません。 犬の鑑札再発行手数料:1,600円. 犬鑑札の交付. 犬鑑札や狂犬病予防注射済票を紛失した際の手続きを知りたい。 回答3.

大牟田市の犬鑑札を発行します。 (旧住所地で交付された犬鑑札か、狂犬病注射の案内ハガキがあれば持参。) 無料 市外に転出する 保健衛生課に届出てください。(電話連絡で可) 変更届 (pdf:45.3キロバイト) ・電子申請で届出ができます; 無料 申請書ダウンロード一覧(「飼い犬の登録申請」) 登録手数料は1頭につき3,030円です。(狂犬病予防注射済票の手数料は1頭につき550円です) 登録時に「犬鑑札」を交付しますので、首輪等につけてください。 再発行を行いますので、調布市役所8階の環境政策課までお越しください。 再発行手数料. 犬の飼い主には、狂犬病予防法により毎年4月から6月の間に1回、狂犬病予防注射を受けさせ、狂犬病予防注射済票を犬に着けておくことが義務付けられています。 前住所地の犬鑑札を持参し、転入の届出をしてください。届出窓口は本ページ下部をご覧ください。 ※注釈:前住所地の鑑札が無い場合は「鑑札の再交付」扱い(手数料1,600円)となります。 犬の登録・鑑札の交付・再交付申請書(pdf:68kb) 狂犬病予防注射.
犬鑑札と狂犬病予防注射済票. 犬を飼う場合には、登録が必要(生後90日を経過した犬の場合)です。 登録をすると犬鑑札という札が交付されますので、飼い犬に着用してください。 手数料は、1頭につき3,000円です。 犬鑑札を紛失した場合は再交付を受けてください。

犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること。 が法律により義務付けられています。 ※ 登録などの手続き方法は 犬を飼っている方のために をご覧ください。 ★ 手続きの際に必要な様式は、ページ下からダウンロードできます。 鑑札・注射済票は犬につけておきましょう。 迷子になった時は迷子札の代わりにもなります。 犬の登録.

犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること ; 飼い犬に必要な生涯1回の登録と年1回の狂犬病予防注射.

犬鑑札再発行手数料1,600円 狂犬病予防注射済票再発行手数料340円. 生後91日以上、もしくは飼い始めて30日以内に登録してください。 一生に一度のみです。 多数飼われている方も1頭ずつ登録してください。

犬を飼う場合には、登録が必要(生後90日を経過した犬の場合)です。 登録をすると犬鑑札という札が交付されますので、飼い犬に着用してください。 手数料は、1頭につき3,000円です。 犬鑑札を紛失した場合は再交付を受けてください。 犬の登録は,環境政策課(市役所8階)で受付けます。犬の登録手数料,鑑札を紛失した場合の再交付手数料は下表のとおりです。 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること ; 飼い犬に必要な生涯1回の登録と年1回の狂犬病予防注射. 犬を飼い始めて(子犬は、生後91日以降)から30日以内に犬の登録をしてください。 登録の証として「鑑札」と「愛犬手帳」をお渡ししますので、鑑札は必ず犬に装着してください。 (狂犬病予防法第4条、同法施行規則第3条) 手続できる窓口

郵送にて申請するときは、申請書、手数料、82円切手貼付け済の返信用封筒を同封してお送りください。 犬の登録は,環境政策課(市役所8階)で受付けます。犬の登録手数料,鑑札を紛失した場合の再交付手数料は下表のとおりです。 生後91日以上の犬は、生涯に1度登録が必要です。登録は担当課窓口へ申請してください。登録手数料として2,000円が必要となります。 登録をすると「犬の鑑札」が交付されますので、大切に管理してくだ … 犬の登録と狂犬病予防注射 犬を飼い始めたら、まず登録を! 生後91日以上の犬は、飼い始めてから30日以内に登録する必要があります。 登録をすると、鑑札が交付されます。 ≪鑑札≫ 飼い犬には、毎年1回 狂犬病予防注射を受けさせましょう 犬鑑札と注射済票と犬標識.