焼酎、特に乙類焼酎はアルコール度数が高めなので、飲みやすくするためには水割りやお湯割りで飲むことが多いですね。 ですが、薄める割合によっては濃かったり、薄かったりするので基準になる濃さを知っておくといいです。

気軽に作れてほっとおいしい「焼酎のお湯割り」。しっかりとコツを押さえることで、もっとおいしく楽しめるようになるんです!今回は5つのステップにわけて「適したグラス」「お湯の温度」「比率」などをご紹介。あなたもきっとお湯割り名人になれますよ!

まだ寒い日が多いこの時期、焼酎のお湯割りが飲みたくなります。焼酎をお湯で割って飲んだり、梅干しを入れて飲むのが一般的ですが、このときの割合ってどうするのが正解なのでしょうか? 今回は、知っているようで知らないお湯割りの作法と梅干し以外のアレンジ方法を、焼酎&梅酒Bar 花岡さん「続いてお湯割りです。あぁ〜これがまた、いい香りなんですよ」 お湯を注ぐと広がる、芋の香りをかいで表情がゆるむ花岡さん。はじめに焼酎7:お湯3の割合でお湯割りを作ってくれました。 焼酎 3~4 : 水 7~6 くらいではないでしょうか。 ・「どれくらいの割合で割って飲むのがおいしいと思いますか?」 →私の場合は、その日の体調と次の日の仕事の段取りにもよりますが、 焼酎 5~6 : 水 5~4 くらいですね。 ご参考程度に。

本格焼酎のオーソドックスな楽しみ方としてお湯割りがあります。ただ、お湯で割るだけでなく、少しだけ手間をかけることでより焼酎のお湯割りを美味しく楽しむことが出来るのです。目次 1.お湯割りの水はどうすれば良い? 2.お湯の温め方は? 3 水割り・お湯割りお燗でよし、水割り、お湯割り、オンザロック、それぞれ好みの飲み方ができるのも、本格焼酎の特性です。アルコール分は43度、40度、35度、30度、25度、20度など、各自のその時の気分や体調に合わせてストレートで飲んで良し、水やお湯で割るのもよし、意のままです。 ねぇねぇ、芋焼酎を炭酸で割ったことある?? そこのお前!! 芋焼酎炭酸で割ったことないだろ?? これを騙されたと思ってやってみてほしい。 いや、ロックでも水割りでもいいし、 この寒い季節はお湯割とか最高なんですが、 意外と知られていない、炭酸割りにチャレンジしてみてくださ ③【お湯割り】香りの広がりを楽しむ. 焼酎を味わう際、水割りで飲む方も多いと思います。焼酎には甲類と乙類の2種類があり、種類によっておすすめの割り方があります。一般的な水割りは、「黄金比」で割るのが良いとされています。また、割り方によって氷の量や焼酎の量が変わり、混ぜ方も気を付けなければなりません。 焼酎はお湯割りに限る!!というみなさん。 吉報です! 普段、あなたが飲んでいる『焼酎のお湯割り』にこだわりをちょっとプラスするだけで今までよりも美味しく、さらに楽しみながら味わう事ができるように3つのポイントをまとめました。 焼酎と水の割合に決まりはありません。割合は、25~26度ぐらいの焼酎であれば、焼酎6:水4、もしくは焼酎5:水5ぐらいの割合がおすすめです。本格焼酎なら、焼酎1に水9で割ってもしっかりと原材料の香りがします。お好みの濃さを見つけてみてください。 5.お湯と焼酎の割合は? お湯割りは一般的に焼酎6に対してお湯を4、「ロクヨン」が最も美味しいとされています。この割り方ですと一般的な焼酎の度数である25度の焼酎であれば約15度になり、日本酒より少し度数が高いという程度になります。 焼酎といえば、さまざまな飲み方を楽しめるお酒。割り方によってはお酒っぽさがなくなりお酒の弱い人や苦手な人でも飲めるアルコールです。 焼酎を飲むときに割りものを入れる人は多いと思いますが、その割り方によって味わいは全く異なったものになってきます。 例えば、芋焼酎の温度が25℃で6(焼酎):4(お湯)を作る場合、 お湯の温度を60〜70℃にすれば、飲み頃(41〜42℃)のお湯割りができます。 同じように、芋焼酎の温度が15℃の場合は、お湯の温度は80〜85℃が適温だと言うことがわかります。