未成年後見制度とは,未成年者の親権を行う者が死亡,行方不明等でいなくなったときに,未成年者の身上監護や財産管理を担う未成年後見人を選任し,未成年者の保護を図る制度です。 申立てをするに当たっては,以下の事柄をもう一度ご確認ください。 未成年後見人とは、親に代わって未成年者の契約を代わりに行ったり、財産を管理するという様な事を行います。事情があって親がいない未成年者の方を保護するための制度です。本記事では、図や分かり易い言葉を多く使用していますので理解が進む内容です。 未成年者は、通常、単独で法律行為ができず、親権者である両親の同意を得るか、両親に法定代理人として代わりに法律行為を行ってもらわなければなりません。 では、その親権者が亡くなってしまったときには、誰が未成年者の行為に同意を […] 成年後見制度を利用したくても、身近に申し立てる親族がいなかったり、申立経費や後見人の報酬を負担できないなど、さまざまな理由で利用できない人がいます。 このような人々の成年後見制度の利用を公的に支援する制度があります。 後見人とは? 後見人(こうけんにん)とは、特殊な事情でまともな判断力がない人が、その本人に代わりさまざまな判断を行ったり、本人の利益を保護したりする人のことをいいます。 後見人を定めた制度には、「未成年後見制度」「成年後見制度」という制度が民法に定められています。 未成年後見人については家庭裁判所のホームページでも詳しいパンフレットを公開しておられます。 ぜひご一読下さい。 未成年後見人q&a(裁判所) 相続手続き代行について詳しく知りたい!方はこちら>> サービス内容・手続き料金一覧 「成年後見人をつければ、これからは何でもお願いできるわ」「成年後見人がいれば、間違いがなくて安心」そんなふうにお考えの方がおられます。家族がいない方の成年後見になったとき、入院先の病院でも、「同意が必 【未成年者が1人でできない手続き?】 こんにちは。行政書士の田中良秋です。 日本では、20歳未満の方を、未成年者と定義されています。 未成年者が、ひとりで何らかの手続きを行いたくても、 それがかなわないことがあります。 たとえば、 成年後見制度をわかりやすく解説。認知症等で判断能力が衰えてしまった方を、周囲の方が後見人となって不当な財産契約などから守ることができるこの制度。利用手続きや後見人の権限など、知っておきたいポイントを解説します。※home's介護は、2017年4月1日にlifull介護に名称変更しました。 未成年者が家庭裁判所の相続放棄手続きを利用する場合、一般的には法定代理人(親権者、未成年後見人)が、未成年者を代理して相続放棄の申述をしますが、利益相反行為にあたる場合には特別代理人を選任し、相続放棄の手続きをしてもらいます。 骨折で入院した80歳の女性(Aさん)の親族が、ある司法書士に後見人を依頼しました。Aさんは不動産を沢山持っているので(ローンなし)家賃収入も十分あり(月に150万円以上)、入院していても困ることはないのですが、そのうちのいく そもそも成年後見人をたてる事を拒否する事はできないのでしょうか。 ご教授願います。 通報する. 未成年者は単独で有効な法律行為ができない. 未成年後見人(みせいねんこうけんにん)とは、日本の民法の制度の一つで、未成年者に対して親権を行う者がないとき、または、親権を行う者が管理権(財産に関する権限)を有しないときに、法定代理人となる者のことである(民法第838条1号)。. この質問への回答は締め切られました。 質問の本文を隠す. 成年後見のよくあるトラブル事例と解決案。ここでは、後見人制度のトラブル事例・解決案など紹介しております。 後々のトラブルにならない様下部、目次より様々なパターンを参考頂ければと思います。 成年後見人 … 未成年者が相続人になっているケースでは、未成年者は自分で相続放棄の申述をおこなうことができるのでしょうか? 民法上、未成年者は、単独で有効な法律行為を行うことができません(民法5条1項)。 未成年者は、通常、単独で法律行為ができず、親権者である両親の同意を得るか、両親に法定代理人として代わりに法律行為を行ってもらわなければなりません。 では、その親権者が亡くなってしまったときには、誰が未成年者の行為に同意を […]