【トヨタ・ハイエース】不具合は大丈夫?世界中でその耐久性には定評のあるハイエースですが、それでも「不具合」とは無縁ではありません。とは言え、現行型が世に出たのは2004年。すでに15年以上も、あの形を維持しているのですね。車としての技術的な 車検で預かった車で、「ガソリンを入れても燃料メーターが満タンにならない」「燃料メーターが半分くらいあるのにいきなりガス欠になった」というご用命があった車です。ちょっと前のアナログ式の燃料メーターの場合、故障する箇所として・燃料メーター本体. 新車の軽自動車に月々1万円で乗れる!香川県で軽自動車の新車リース・個人向けリースなら新車市場カーベル丸亀店。豪華オプションがセットになって月々コミコミ1万円から! トヨタのスポーツカーとして売られている86。車で走るのが好きという人にふさわしい車ですが、実際乗り心地はどうなのか調査してみました。 86の乗り心地は悪い! 200系ハイエースのどれだけ走ることができるのか。 ハイエースは「100万km以上」平気で走る。 結論からいうと、 ハイエースは100万km以上平気で走る車となっています。 これはハイエースの生みの親である、 トヨタ自動車の岩田氏による言葉 なので間違いありません。 2018年5月31日にホンダのステップワゴン、フリード、フリード+がリコールされました。不具合が起きたのはブレーキに関する部分。 何と、この不具合が原因で事故も起きていたそうなんです。ブレーキって車の命ですよね。車の不具合で事故が起きたら…と考えただけでゾッとします。

トヨタ、ハイエース、レジアスエース、ダイナ、トヨエースの一部車両のリコールを2016年11月24日に国土交通省へ届け出を出した。リコール開始日は2016年11月25日からである。ハイエース リコール内容についてトヨタ自動車より平成22年か
直噴エンジンのもう一つのトレンドを作り出したフォルクスワーゲンも新型の直噴エンジンを続々登場させており、最新型のコンパクトカー ポロには1.0L直列3気筒直噴ターボエンジンというコンパクトなエンジンが積まれています。 トヨタ・200系ハイエースの故障解説。(エンジン・足回り等)。 運転席・助手席の真下にエンジンを搭載し、ボンネットを持たないボディ、それと自身の車重の重さ+人員満載時(500kg以上)による足回りなどにかけるストレスは、ハイエースのリフレッシュケアには欠かせないポイントである。 ハイエース200系のエンジン不調を診てほしい。 ... 聞いてみるとやはりこれなら「燃料系の不具合じゃないですかねぇ〜」とのことでした。 ... 新型コロナウィルスの影響で車検期間が1ヶ月延長され …
スズキの新型軽自動車「ハスラー」のエンジンで異音が生じる不具合が発生していることを受けて、同社取締役常務役員の長尾正彦氏は、2020年2月7日に開いた2019年度第3四半期累計(2019年4~12月)の連結決算会見で、安全性に問題がないことを強調した ちょっとした電装品の電源を取り出すなら、シガーソケットが最強に便利。なにしろプスリと挿すだけでOK。しかし「シガーソケットから、何アンペア取れるのか?」は、知らない人も多いはず。最も手軽なシガーソケットの、意外と知らない興味深い話。 いきなり、2台のハイエース 200系スーパーGLのルームランプの不具 合が同時に発生しました。 スイッチは【DOOR】の位置ですが、ドアを開けてもランプが点かない。 2台ともスライドドアだけの全く同じ現象です・・・・待てよ? ハイエースのディーゼル車も当然ダメよ 2型ディーゼルは不具合多かったですし 「なるべく長距離乗らなきゃダメよ 」 そんな事を説明していないマツダの営業マンがディーゼル車をたくさん売ったのか 売れてしまったのか 分かりませんが