放課後等デイサービスの事業所を開設するには都道府県に申請を出し、事業所の指定を受けることが必要です。申請で大切なポイントをわかりやすくご説明します。また実際に事業所を運営する現場から集めた、申請要件を満たさなかった事例もご紹介します。

児童発達支援・放課後等デイサービスの開業資金の調達. 児童デイサービス・放課後デイサービスに共通して伺いたいことは以下の通りです。 ①どこに開設の申請を行えばよいのか。(申請→認可→顧客の確保であっていますか?) ②児童デイ・放課後共に職員配置で必須資格はあるのか。 ③送迎も考えています。 障がい者自立支援法改正の流れで設けられた「放課後等デイサービス」(旧:児童デイサービス)。児童発達支援管理者が中心となって活動を展開します。その取り組みや、放課後等デイサービスでの仕事内容、働くための資格要件等をご紹介していきます。 こんにちは! 特別支援学校教諭として特別支援学校で働くまでは、放課後等デイサービスの支援員、児童発達支援に携わっていた、オクユイカです。 特別支援学校教諭の仕事内容やりがいについて語ってみた。 放課後等デイサービスってどんな仕事内容なの? 放課後等デイサービスで働くために必要な資格・要件についてまとめました。児童指導員になるための要件や、無資格でも働けるのか?などのよくある疑問についても記載しています。 事業所開設(放課後等デイ・児童発達支援)を開設(開業)するまでの準備や手順・ポイントを掲載しています。事業者としてサービスを提供するためには、基準を満たし認可指定を受ける必要があります。 放課後デイサービスの事業所を開設するための許可は「指定」と呼ばれていますが、指定を受けるために必要な要件には、法人(会社)であることの他に人的な基準と物的な基準があります。

放課後等デイサービス(放デイ)、児童発達支援(児発)を開業するための指定要件や開業立上げ時のポイント、加算減算について解説。また、以前とくらべ人員配置基準(児発管、従業員などの資格面)が複雑となり、開業や運営時の人員配置には注意が必要です。 こんにちは。大阪の介護専門税理士の松本昌晴です。 児童発達支援・放課後等デイサービスを開業するために必要な資金の計算方法についきましては、昨日のブログで書きました。 「放課後等デイサービス」とは、児童福祉法に基づき平成24年4月に創設された比較的新しいサービスです。事業運営を行っていく上で大切な人員基準については、事業者の皆様も気になるところだと思います。今回は、人員基準について解説しますので参考にしてください。 放課後等デイサービスを開設するためには、次の人員を配置しなければなりません。(職種の具体的な説明は下記に記載)>> 放課後等デイサービスの設備基準についてはこちら職種主な職務内容事業所の配置要件管理者(施設長)従業者、

児童指導員の注意①【実務経験】~厚労省発表の放課後等デイサービス要件の新基準(厳格化)について③ :: 放課後等デイサービスと介護事業の営業&開業のやり方がわかる方法 :: 放課後等デイサービスと介護事業の営業&開業のやり方がわかる方法 放課後等デイサービスビジネスにおいて、必要となってくるのは個別支援計画を作成することが出来る介護福祉士または規程の実務経験を有している人です。 福祉の業界、特に介護現場の職員は入れ替わりが激しいのが現状です。 放課後等デイサービスを開業するには; 児童発達支援管理者資格者の仕事内容と取得条件まとめ; 児童指導員になるためには; 創業補助金について; 障がい者グループホームを開業するには; なぜ、障がい者人口は年々増加しているのか

放課後等デイサービスの開業・立ち上げのための要件・事業開始までの流れ・費用について解説。開業に関する手続き・ご相談は、介護事業開業サポートセンターへお任せ下さい。