日給月給制と休業補償 最近では正社員といっても日給月給制を適用する会社は非常に多くなってきました。 勤務予定日に欠勤をすれば基本的にはその分の給与が減額されて支給されるわけですが、これ以外にも労働者としては … 賃金の60%以上を休業手当として支払う必要があります。 完全月給制の場合を除き、不就労日の賃金控除を行う場合は以下のような計算とな ります。 ・月給(注1)165,000円(基本給150,000円+通勤手当15,000円)ほか割増賃金 ・4月に休業日が2日間発生 休業手当の金額は、休業期間中について 平均賃金の100分の60以上 です。 月給・日給月給・時給制度によって平均賃金の算出方法は異なります。 それぞれ以下の計算式で、平均賃金を出し、以下の式に当てはめて休業手当の金額を出します。 突然ですが、御社の正社員に適用されている賃金制度は「完全月給制」ですか?それとも「月給日給制」ですか?もしくは、「日給月給制」でしょうか? ここでは、一般的にざっくり「月給制」と認識されている紛らわしい賃金制度を3つについて、解説していくことにいたしましょう。

休業手当とは、使用者側の理由で労働者を休業させた場合に労働者に支給する手当のことです。人事担当者は休業手当を支払うべきケースや目的、金額の算出方法などを知っておきましょう。本記事では、休業手当の概要や目的、算出方法や、類似している休業制度を紹介します。 休業手当の金額は、休業期間中について 平均賃金の100分の60以上 です。 月給・日給月給・時給制度によって平均賃金の算出方法は異なります。 それぞれ以下の計算式で、平均賃金を出し、以下の式に当てはめて休業手当の金額を出します。 (事例1) 休業手当の場合(月給制のケース) 6月21日から7月20日までの間、20日の勤務予定があったにもかかわらず、6月29日に使用者側の都合による休業をさせた場合(他の19日は予定通り勤務)。 ・月給275,000円及び通勤手当月額6,330円を支給されている 通常、月給制の従業員が休日に休んだとしても、会社は欠勤控除を行いません(できません)。これは出勤したものとして処理をしている(100%分の賃金を支払っている)ことになりますので、会社は休業補償を行っていることになります。 完全月給制の従業員が私傷病で長期療養となりましたが、欠勤の場合の控除について就業規則には特に定めはありません。 有給は全て取得済みですが、欠勤扱いにした場合の控除はどうなりますか?また傷病手当金の支払い要件についてはどうなりますか?
突然ですが、御社の正社員に適用されている賃金制度は「完全月給制」ですか?それとも「月給日給制」ですか?もしくは、「日給月給制」でしょうか? ここでは、一般的にざっくり「月給制」と認識されている紛らわしい賃金制度を3つについて、解説していくことにいたしましょう。

休業手当は業績不振など会社の都合で休業した場合の手当で、法律で定められているものです。平均賃金の60%以上など計算方法も定められています。休業手当の他の産休や育児休業、介護休業などの場合の手当の条件も含めて、その計算方法や事例などを紹介します。