国又は地方公共団体が一般会計に係る業務として行う事業又は特別会計を設けて行う事業については、その一般会計又は特別会計ごとに一つの法人が行う事業とみなして消費税法が適用されます。 (消費税法第60条の国、地方公共団体等に対する特例 ) このため消費税相当額を受け取っても最終的に消費税の納付の発生もまた還付もありません。 なお特別会計についてはそうした規定はなく、民間と同じように計算して支払いをしています。 という特例が設けられている。すなわち、一般.

制度の概要. 消費税の税率改定に係る公共施設の使用料の取扱. という結論になるわけである。 その一方で、法人税法を見た場合、地方公共 団体

地方公共団体や公益法人等の消費税の申告に必要な特定収入の取扱いについて、説明しているホームページです。申告を担当している各団体の職員の皆様の一助になればと考えています。 是非ご覧いただきたいと思います。

1 地方公共団体における消費税の取扱. 消費税は、国内において資産の譲渡等を行う個人事業者及び法人を納税義務者にしており、国、地方公共団体なども資産の譲渡等を行う限りに

(消費税法第60条の国、地方公共団体等に対する特例 ) このため消費税相当額を受け取っても最終的に消費税の納付の発生もまた還付もありません。 なお特別会計についてはそうした規定はなく、民間と同じように計算して支払いをしています。 自治体の施設利用料を支払いました。ある自治体は「消費税込み」別の、ある自治体は「非課税」と、言いました。6つの別々の自治体で、それぞれ3対3の結果でした。少し調べた所、自治体も消費税納付をする事業者ということですよね。自 会 計であれば、税金が発生しないこととなり、 何にもしなくていいよ. 課税標準に対する消費税 =課税仕入れに係る 消費税. 事業単位の特例 1. 地方自治体の職員をしています。現在、産業振興計画の冊子を作成しているところですが、冊子を有料として一般販売することになりました。そこで、「冊子には消費税が課税されるが、税務署に収める必要はない」と聞きました。しかし、この