夫が自営業・妻が会社員の場合、子供はどっちの扶養に入れるのがいいのか。妻が会社員なら妻の扶養に入れた方が得です。国民健康保険だと扶養の概念がないため、子供一人分の保険料が余分にかかるからです。「税金の扶養」と「社会保険の扶養」を夫と妻で分けるのも可能。 最近は、妻の収入が夫の収入を上回るという家庭も増えてきました。さて、このような場合、世帯主は夫になるのか、妻になるのか、迷いどころですね。又、子供がいる場合は、子供の扶養をどのような形にするのかも考えなくてはなりません。更に、仮に妻を世帯主 共働きの場合、子供はどちらの扶養に入れるべき?16歳が一つの基準! 子どもが16歳未満のケース.
家族が健康保険の扶養に入るとき、いろいろな条件があります。今回は子供の扶養の所属、海外在住の外国人家族の扶養、産休中の扶養の事例についてご紹介します。 ※健康保険組合によっては異なる判断・認定をする場合もございますので、事例としてご覧ください。

結果、税金面では夫婦どちらの扶養にしても扶養控除自体がなくなったため、損得はありません。 2010年度の税制改正で「年少扶養控除」が廃止されたのは、子ども手当が創設されたためです(子ども手当は2012年4月から児童手当に変更)。

では早速、タイトルにもある通り夫婦が共働きの場合に子供はどちらの扶養家族に入れるべきかを解説し … 共働きをする夫婦の数が増加している昨今では、様々な制度を活用することが必須となっています。また、扶養における知識を身に付けることで無駄な出費を抑えることも可能となります。今回は共働きの子供の扶養に関する知識や、その手当などの仕組みについて紹介していきます。

共働きで16歳未満の子供がいる場合、 あえて所得の低い奥さんの方の扶養に入れた方が住民税の節税になる事も あります。 ポイント ただし、 住民税以外のことを考えると一概に所得の低い方に扶養控除をつけた方が有利とは言えません。

共働きでフルタイム正社員の場合は、子どもをどちらの扶養に入れるか悩むところかと思います。 子どもは夫婦どちらの扶養にいれても問題ありませんが、主に生活費を支えている方の扶養に入れるのが一般的とされています。

子供の扶養はどうなるの? 配偶者 の扶養については、お互いの 年収 によって 扶養できるか否か、判断する事ができますね。 もちろん、一方の配偶者が 103万以下 で、健康保険 税金の面で扶養に入っているなら、 子供 も同様に 扶養にするべきですよね。