狭い道で対向車をよけた時など、ついうっかりホイールを「ガリッ」としてしまった経験、ありませんか?ホイールの買い替えはけっこうな出費。そんな時の強い味方がホイールリペアです。今回は、プロのホイールリペアショップにお邪魔し、リペアの方法を見せていただきました。 タイヤ&ホイールの「付け方」は、外すときの逆の手順でいいとは言え、付けるとき特有の注意点もある。まず重たいのでキャリパーに当てて傷を付けないように。締め込みは規定トルクにしたがって…など、安心確実な方法をおさらい。 ホイールのガリ傷を自分で修理する方法をご紹介しております。併せて、傷の修理に必要なグッズもご紹介しておりますので、ホイールのガリ傷にお悩みの際には、是非、参考にしてみて下さい。 ホイールのガリ傷を修理する料金は、業者によって若干の違いはありますが、大体の相場はホイール一本当たり10,000~25,000円です。 しかし、これを自分で行うと、必要な料金は道具に掛かる費用のみ、つまりは5,000円程度で済みます。 その時軽く擦っても気づかないかも知れません。 対向車は、止まっていれば気づくでしょうけれど。 擦ったと言っても、これかな?ぐらいの傷の時は気づかないこともあり得ると思います。 バンパー下部などは擦っても気づかない人は多いですよ。 ホイールのガリ傷、どうやって対処する? 狭い道路での対向車とのすれ違いや暗がりの駐車場などで、縁石などにホイールをぶつけて傷を付けてしまうケースが度々存在します。

路肩に車を停める時とかについ寄り過ぎて縁石にガリ!!そんな経験ありまえんか?純正アルミならともかくお気に入りのホイールにガリ傷がついてしまうと一気にテンションガタ落ちです!大切なホイールにガリ傷がついてしまったのだけど果たしてガリ傷って治せるのでしょうか? パンクもしていないのにタイヤの空気が抜けていることがたまにあります。たいていの場合は空気を補充すれば元通りになりますが、補充してもすぐ抜ける場合はホイールが変形しているのかもしれません。ホイールが変形する原因と自分で修理できるのかを調べましたのでご紹介します。