ブローバイガスの大気開放は、ネットやバイク専門誌上で賛否が渦巻く問題ですね。あるサイトでは、ブローバイガスの大気開放を絶賛していますし、またあるサイトでは「時代遅れ」として猛烈にけなしています。筆者もこうして効果やデメリットを調べているとこ 概要. この空燃比で走るとカーボンやブローバイガスを蓄積しないため、エンジン内に溜まったカーボンを一方的に排気ガス(co2)と一緒に吹き飛ばしてくれるという夢の様な比率。 じゃあ実際のところ空燃比はどうなってるのか状況別に見て行きましょう。 ブローバイガスの大気開放は、ネットやバイク専門誌上で賛否が渦巻く問題ですね。あるサイトでは、ブローバイガスの大気開放を絶賛していますし、またあるサイトでは「時代遅れ」として猛烈にけなしています。筆者もこうして効果やデメリットを調べているとこ ピストンクリアランスをケミカルで改善して、 コンプレッションもおかしな値では無いのに、ブローバイガスが多いToshi@G12号。 ブローバイホースから白い煙が出る訳ではないので 正確にはブローバイガスでは無くて、キャッチタンクがすぐにオイルで満タンになるって 表現が正しいかも?

ブローバイガス(英: blowby gas)は、内燃機関においてピストンとシリンダー壁の間隙から漏れ出す気体である。. ピストンクリアランスをケミカルで改善して、 コンプレッションもおかしな値では無いのに、ブローバイガスが多いToshi@G12号。 ブローバイホースから白い煙が出る訳ではないので 正確にはブローバイガスでは無くて、キャッチタンクがすぐにオイルで満タンになるって 表現が正しいかも?

この空燃比で走るとカーボンやブローバイガスを蓄積しないため、エンジン内に溜まったカーボンを一方的に排気ガス(co2)と一緒に吹き飛ばしてくれるという夢の様な比率。 じゃあ実際のところ空燃比はどうなってるのか状況別に見て行きましょう。

ブローバイガス(英: blowby gas)は、内燃機関においてピストンとシリンダー壁の間隙から漏れ出す気体である。. ブローバイガスとは、エンジンのクランクケースから吹き抜けてくるガスの事です。 「エンジンからガスがでるの? 」 シリンダーで圧縮され燃焼された混合気が全て排気ガスとしてマフラーから排出されるとは限りません。 ブローバイガスとは、エンジンのクランクケースから吹き抜けてくるガスの事です。 「エンジンからガスがでるの? 」 シリンダーで圧縮され燃焼された混合気が全て排気ガスとしてマフラーから排出されるとは限りません。 概要.