エンジンオイルのように交換をしなければバイクに支障をきたすというものではなく、さらに見た目にも劣化を感じないものであるために交換を忘れがちです。 そこで、交換時期を自分でしっかり控えておき交換をする習慣をつけておくべきです。 冷却水の交換の順序. 実はこの車両は展示されている状態で、すでに冷却水漏れが確認できていました。後で知ったんですが、バルカンの弱い部分の一つみたいですね。エンジンとクラッチカバーを繋ぐ部品からの漏れでした。写真ではわかりにくいですがエアクリーナーの真下の黒いパイ エンジン内に水が入った。 冷却水がエンジンオイルに混じった (これはヤバいパターン) 湿気でエンジンオイルに水分が混じって乳化した。 ブローバイ; まだバルカンのコンディションは確認しきれていないので、念のために一通り確認することにしました。 冷却水が入っているかのように見えますがその時は バイクを揺らして液面が動くか 確認しましょう。 水垢の場合揺らしても変化ありません。 ・もし減っている時でも慌てないで水を足してあげれば大丈夫 … クーラント漏れとして、よくある5つの事例(発生場所と原因に対する対処法と修理費用)をご紹介。1)ゴムホースのつなぎ目あたりから青白いシミがある場合は要ホース交換。2)リザーバータンクの亀裂からクーラント漏れがある場合は部品交換が必要、部品代は数千円、交換工賃は1,000円~。

冷却水をラジエターに送って水温を下げ、エンジン内で循環させて水温を上げるを繰り返して水温を約80度程に安定させています。 エンジンは設計する段階で、エンジンに熱が入った状態で内部のクリアランス(ピストンとシリンダー間等)を最適な状態にするように作られています。 オートバイの水温警告灯はオーバーヒートを予防する大事な警告です。点灯する主な原因は6つ。原因別の対処法と修理費用をご紹介いたします。1)冷却水が不足している、エアが噛んでいる。2)ラジエターキャップの劣化。3)ラジエターファン不具合。 冷却水の交換作業は、�