Windows Server 2008R2 ドメインの信頼関係(フォレストの信頼)リソースアクセス権設定 ドメインの信頼関係を結び、実際にリソースを使用できるようにするためには制御の委任の設定をする必要があります。 ドメイン名を右クリックして、制御の委任を選択します。

ドメインAにbさんはログインできません。 ドメインBにaさんはログインできません。 但し、信頼関係が結ばれているのでドメインAのファイルサーバーにbさんのアクセス権を”付与”する事ができます。 また、移行に際し、両ドメインは双方向での信頼関係を設定しています。 ユーザ及びグループはsid履歴を残す形でadmtにて移行しました。 ファイルサーバはまだ旧ドメインに所属しており、既存のアクセス権に変更は加えておりません。 (平行運用中の為)

Active Directory(ドメイン)には、3つのスコープ(ドメインローカルグループ・グローバルグループ・ユニバーサルグループ)と2つの種類(セキュリティ・配布)がある。 ドメインの構成方法によ
同じドメインか、異なるドメインの場合は、ドメイン間でフォレスト(信頼関係)が、 結ばれている必要があります。 以上、鉄道大好き、エヌエスがお伝えしました。

ドメインに参加している場合には、ドメインコントローラー内のユーザアカウントの単位でアクセス権を設定できます。 4.4.9ファイル共有の問題点 Windowsのファイル共有では、ドメインに参加できさえすれば、基本的にそのリソースが利用可能となります。 ・Bドメイン (DC_B:Windows 2008 R2 Std) ActiveDirectoryドメインと信頼関係-信頼タブ 出力方向の信頼 ドメイン:A 信頼の種類:外部 信頼の推移:いいえ. ドメインを設定•管理するには、さまざまな機関やシステムへの登録が必要です。ここでは、ドメインの設定管理に関する仕組みについてご紹介しています。ドメイン取得ならnttpcコミュニケーションズ運営の名づけてねっと。 新しいドメインにファイルサーバーを設置し 古いドメインからデータを移行するテストを行いました。 ドメインに参加しているファイルサーバーなので アクセス権もセットで移行しなければいけません。 まず、新旧ドメイン間で信頼関係を結んだ状態で 信頼関係の種類 ・フォレスト信頼 フォレストルートドメイン間で結ぶが、適用範囲は両フォレスト全体 フォレスト機能レベルが2003以上であること ・ショートカット信頼 認証にかかる時間を短縮する ・外部信頼 任意のドメイン間での信頼関係 AD で信頼されているドメインローカルグループは、MSDN 仕様の性質上、SMB で NAS にアクセスできません。次の図をご覧ください。この図で NAS は Windows AD ドメイン A (DOM_A) の AD メンバーサーバーで、Windows AD ドメイン B (DOM_B) とフォレスト信頼関係にあります。 ドメインで管理している資源に対して、アクセス権を割り当てられる対象は、ドメインのユーザーやグループである。通常、ドメイン以外のユーザーやグループ、別ドメインのユーザーやグループに対しては、アクセス権の割り当てなどはできない。 ActiveDirectoryの信頼関係についてWindows2003のActiveDirectoryでAドメインからBドメインへ信頼関係を設定する方法を教えてください。やりたいことはAドメインのユーザがBドメインの共有フォルダにアクセスできることです。信頼関係を アクセス権設定ができません. ちょっとややこしいので説明がうまくできるか不安ですが...教えてください。 WindowsのドメインAとドメインBが存在しており、双方向に信頼関係を結びました。