バッティングで後ろの手首が早く返ってしまうケースの矯正方法になります。 手首の返しが早い、手首をこねるバッティングなど言われるケースですね。 目次1 手首をこねるバッティングとは?1.1 手首をこねるバッティングの原因1・・・ インパクトの衝撃は非常に大きな力ですが、その衝撃に打ち勝つバッティングができれば、力強い打球が打てるようになります。この記事では、インパクトの衝撃に負けない手首の使い方を図を用いて詳しく解説しています。
バッティングにおいて手首の使い方って重要なポイントですよね。 みなさんはどうしていますか? 上手く手首を使えていない人は手首をこねてしまい、スイングが波打つ等デメリットが大きくなります。 そこで、手首の上手な使い方について紹介していきたいと思います。 野球とソフトボールのバッティングは、基本的な動作はほとんど同じです。ただ競技の特性から、ソフトボールは体感速度がとても速いため、よりスピーディーなスイング動作が求められることから、最小限のテイクバックでミートを重視する傾向が強いと感じます。

で、ここで手首を返しますが、 返し方は図のように手首を水平に90°動かすだけです。 この手首の返し方は、バットを刀に見立てるとイメージが沸くでしょうか? 刀でボールをスパッと切るには、『当たる瞬間に右手を水平に動かす』ことです。 誰だって「手首を返して打て」と言われれば、自然とこのように右手の甲が上を向きますが、これは間違いなのです。 正しくは、右手を水平に返します。 イメージとしては、右手でボールを切る感じです。 フリスビーでも、水平にする方が良く飛びます。 ソフトボールのバッティングにおいて、ゴロを打つ技術を身に付けることはとても重要なことです。 ソフトボールのバッティングでは、手首をやわらかく(波打たないでスムーズにスイングする)使うことと、手首の返し方のタイミングを身につけることを意識してトレーニングしてください。飛距離が伸び、バットコントロールが身についてくるという、一挙両得のトレーニング方法です。 バッティングにおいて手首の使い方って重要なポイントですよね。 みなさんはどうしていますか? 上手く手首を使えていない人は手首をこねてしまい、スイングが波打つ等デメリットが大きくなります。 そこで、手首の上手な使い方について紹介していきたいと思います。 誰だって「手首を返して打て」と言われれば、自然とこのように右手の甲が上を向きますが、これは間違いなのです。 正しくは、右手を水平に返します。 イメージとしては、右手でボールを切る感じです。 フリスビーでも、水平にする方が良く飛びます。 手首を返す時はバットが立つので、手首を返す瞬間にインパクトができるようになると、ゴロを打てる確率が上がります。 . 手首の返し方.
バッティング時の手首の返し方についてです。 この手首の返し方について、結構間違ってる人が多いです。 バッティングでは、ボールがバットに当たった瞬間に手首を返すのですが、右バッターでは右手の使い方を覚える必要があります。 そのためには、 手首をできるだけ返さず(=アンコックにするのを我慢する)、右腕を伸ばすようにする ことがポイントです。 ちなみに、この右腕の使い方を『右腕で押し込む』と表現されます。確かに、押し込んでいるような腕の動きに見えますからね。 図7 まとめ. 野球のバッティングでスイング時に手首をこねてしまう。そんなクセが付いていませんか?手首をこねると言うのは手首の返しが早いことを言います。しっかりとインパクトが出来ない原因になり引っかける打球が多くなります。手首をこねる原因やその改善方法を5つ紹介しています

ソフトボールのピッチャーなら誰しも、自分の得意とするボールで三振を取りたいと思うはず。ですが、自分には得意な変化球もないし多彩な球種を持っているわけでもない、決め球に欠けると悩んでいる方もいるでしょう。しかし安心してもらいたいのは、必ずしも インパクトと手首の返し! ソフトボールをインパクトするときには、ソフトボールはその重さ故にインパクトするときには多少ボールの勢いに押されます。 そのボールの威力に負けないように押し返すこと …