自分でミシンを掛けて裾を直すのが面倒だという場合は、専門のお洋服屋さんで裾を仕立て直してもらいに行くのが良いと思います。 持って行く時には、裾上げしたい寸法を測って、その位置を維持する為にクリップなどで留めておくと良いでしょう。

最初は脇の縫い代と同じように、裾がほつれてこないように捨てミシンをかける。 わたしは裾も0.5cmでミシンをかけたが、出来上がり後に結構ほつれてきたので、0.3cmあたりでもう一つ捨てミシンをかけることをおすすめするよ。 スーツのズボン(パンツ)の穴、破れ、擦り切れを補修、修繕、修理する専門店です。注文書と品物を郵送するだけ。東京世田谷区(用賀、豪徳寺、千歳船橋、尾山台、三軒茶屋、松陰神社,池尻大橋)の実店舗でも対応可能です。 裾にほつれ止めをかける. ズボンが破れて困っている方へ。破れやほつれの応急処置を紹介しています。手元にある文具やソーイングセットなどを使ってできる対処法です。縫い方やグッズの使い方なども紹介しているので、ピンチの方は是非チェックしてみてくださいね。