職場に戻った後も再発・再休職せずに働き続けられる状態まで回復した上で復職することが大切です。休職中の方は、主治医と相談の上、焦らずに復職に向けた準備を開始してみましょう。

さらには、復職したとしても、約半数程度の人が1、2ヶ月後に再び休職してしまうとも言われています。「復職」 は単に職場に戻ればよいというものではありません。今回は復職後に安定して元の就業ペースに戻すためのポイントを5つご紹介します。 うつ病から復職後の注意点は?3つの段階で徐々に復帰しましょう! うつ病で休職はできるの?休職の手続きや休職中の過ごし方! 産業医面談はうつ病に効く?産業医や産業面談について解説! うつからの復職したい方必見!うつから復職する方法を紹介 うつ病などで休職したとき、心身の状態がよくなってくると「いつ復職できるのか?」が気がかりになってくるものです。その場合に会社から提示されやすい3つの復職条件を把握しておくと、復職が認められやすくなるだけでなく手続きもスムーズに進むことでしょう。 調査によれば、うつなどメンタルヘルス起因による休職者は調査対象者の1割以上を占め、休職後復職がスムーズに行えず結果退職する人も多いそうです。休職する前・休職中も大変しんどいことですが、体調が良くなった社会復帰後・復職後には何が待ち受けている そして、復職後の働き方や出社の仕方などは会社がイニシアチブをとることが多い領域でもあります。 専門家の助言を聞くことはもちろんですが、それ以外にも主体的に考えなければならないことは山積みです。 復職のタイミングについて うつ休職から復職 復職後の働き方・過ごし方・不安解消への3大準備 進路の相談と最終決定 息子が選択した内容と今後のサポートとは サラリーマンの年収を掛けた最後の勝負 選択と集中を考えた結果とは

復職後、半年たっても 調子に乗って働き方を急に変えないよう注意すべき時期 ってことです。 もちろん、心身に負担をかけない方向への働き方改革なら問題ないと思いますけどね! 夜または市街地での車の運転は集中力が持たないから危険だぞ!