気になる点を比較する. これまでα6500にはレンズキットが存在せずボディのみの販売でしたが、1年半近く経過してレンズキットをリリースするのは正直驚きました。私はα6500が発売して間もなく購入し今も愛用していますが、これからα6500を購入する方にはこのレンズキットはオススメできません。 α6600の発表にハッピーでない人がいるようだ。α6500はさかのぼること2016年10月に発表された。いまそれから2年後、α6500をマイナーアップデートしてα6600を発表した。Engadgetがα6600をテストして何と言ったか、これを見て欲しい。 α6500は去年の10月頃だったかな。5年あれば画質も大分向上しています。 現にDxMarkのスコアでは変わらないレベルでした。 α6600の登場により風向きが変わりました。 また新たにAPS-C用のGレンズも発表され今後SonyがAPS-Cに力を入れるのではないかと期待されています。 今回はその α6600とフルサイズ機のスタンダードモデルのα7ⅲを比較 していきたいと思います。 「α6500」は2016年10月7日に海外で発表(日本国内では10月28日に発表)されたソニーのミラーレスカメラです。2016年3月11日に発売された「α6300」の後継機や上位機と思われる機種なのでスペックを比較 … 新フラックシップのα6600は、α6500やα6400の不足点を修正した魅力的な機種であることは間違いありません。 この3機種を比較したのが下記の表です。 – 撮るものを踏まえて気になる点を比較していく。 新しい物好きには. α7iiiのクロップモードとα6500を比較 今回はSIGMAの30mm F1.4 DC DNで比較してみました。 SIGMA 単焦点大口径標準レンズ Contemporary 30mm F1.4 DC DN ソニーEマウント用 ミラーレス(APS-C)専用 α6500ですよね。α7Ⅱは2014ですでに約4年落ち. α6600とα6100のスペックを検討して、まずα6600は切り捨て。α6100とα6400ではちょっと迷いましたが、2つの点でα6400を選択しました。 その事について、以下で詳しく述べていきます。これから購入を検討される方のご参考になれば嬉しいです。 【SONY α6600】動画撮影に「α6400」「α7Ⅲ」どれを選べばいいのか 【性能と概要】SONYα6600 製品名 Sony α6600 発売 2019年11月1日(... 【Sony α6500】 ソニー ミラーレス一眼カメラ「α6500」ボディSONY ILCE-6500